不動産会社の特徴


具体的に家を売るのに売却をする不動産会社が宅地建物取引業の免許を取得した宅地建物取引業者であることが大前提です。中には仲介業だけを行う会社もあり紹介料を得ることを目的として利益をあげています。したがってまずは免許を取得した不動産会社であることをはっきり確認することが大事です。
さらに家を売るには売り手と買い手がいなければならずその仲介役をするのが不動産会社です。この場合にも売却に特化した不動産会社か買取に特化した不動産会社かでも対応は変わってきます。もちろん家を売りたいわけですから売却に特化した不動産会社を選ぶことが賢明な判断となります。

不動産会社大手の有名不動産会社の場合はネームバリューというブランド力や資金源を活用した集客力などがあり買い手の対象は多くいるという強みはあります
反対に小さな不動産会社でも地域に密着した不動産業者もあり長年同じ場所で店舗を構えて不動産業を行なっている会社は地元住民との繋がりの強さや地元特有の情報を持っていることも多くあります
大手不動産会社が営業力で集客をするのに対し地元密着型は人脈の深い繋がりを活かし信頼関係を土台とした紹介が得られやすいのがポイントです。
査定の依頼に関してはどちらにもアプローチをすることが大事ですがどのような形で家を売りたいかによって不動産会社を選ぶポイントも変わってきます。