査定の判断基準


査定価格同じ不動産会社の支店など複数社を選ぶのは、あまり得策とは言えません。
また物件の査定価格は基本的に大きな差が出ることはありません。
それはほとんどの場合同じ市場データ(制約事例や市場動向など)を元に同じ査定マニュアル(公益財団法人不動産流通推進センター発行)を使って対象物件を評価しているので基本的には近い価格が提示されます
査定に違いがでるのは不動産会社によって市場データの分析方法(売買事例の取捨選択など)や市場ニーズの読み方に違いがある場合です。
またマイナス要因、リスク要因の判断基準が不動産会社によって違う点が家の査定の価格に差が生じる要因にもあります。数値に表れない内容は客観的な判断が難しいため判断する人の主観が影響することもあります。

複数の不動産会社に査定を依頼して情報や知識を得ることは必ず行うべきことですが、最終的には一つに絞る必要はあります。
オンライン査定などで簡単に情報を得ることはできますが、オンラインの情報だけではなく直接不動産会社を訪ねて査定を依頼することも非常に重要になります。そこにはお店の雰囲気や社員の対応などオンラインでは見えない部分があり査定額以外の付加価値を見つけることもできるからです。
具体的な買い手との交渉や売買の手続きなどを任せることになるのでこの辺りも不動産会社を選ぶ重要なポイントになります。