査定の判断基準

査定価格同じ不動産会社の支店など複数社を選ぶのは、あまり得策とは言えません。
また物件の査定価格は基本的に大きな差が出ることはありません。
それはほとんどの場合同じ市場データ(制約事例や市場動向など)を元に同じ査定マニュアル(公益財団法人不動産流通推進センター発行)を使って対象物件を評価しているので基本的には近い価格が提示されます
査定に違いがでるのは不動産会社によって市場データの分析方法(売買事例の取捨選択など)や市場ニーズの読み方に違いがある場合です。
またマイナス要因、リスク要因の判断基準が不動産会社によって違う点が家の査定の価格に差が生じる要因にもあります。数値に表れない内容は客観的な判断が難しいため判断する人の主観が影響することもあります。

複数の不動産会社に査定を依頼して情報や知識を得ることは必ず行うべきことですが、最終的には一つに絞る必要はあります。
オンライン査定などで簡単に情報を得ることはできますが、オンラインの情報だけではなく直接不動産会社を訪ねて査定を依頼することも非常に重要になります。そこにはお店の雰囲気や社員の対応などオンラインでは見えない部分があり査定額以外の付加価値を見つけることもできるからです。
具体的な買い手との交渉や売買の手続きなどを任せることになるのでこの辺りも不動産会社を選ぶ重要なポイントになります。


不動産会社の特徴

具体的に家を売るのに売却をする不動産会社が宅地建物取引業の免許を取得した宅地建物取引業者であることが大前提です。中には仲介業だけを行う会社もあり紹介料を得ることを目的として利益をあげています。したがってまずは免許を取得した不動産会社であることをはっきり確認することが大事です。
さらに家を売るには売り手と買い手がいなければならずその仲介役をするのが不動産会社です。この場合にも売却に特化した不動産会社か買取に特化した不動産会社かでも対応は変わってきます。もちろん家を売りたいわけですから売却に特化した不動産会社を選ぶことが賢明な判断となります。

不動産会社大手の有名不動産会社の場合はネームバリューというブランド力や資金源を活用した集客力などがあり買い手の対象は多くいるという強みはあります
反対に小さな不動産会社でも地域に密着した不動産業者もあり長年同じ場所で店舗を構えて不動産業を行なっている会社は地元住民との繋がりの強さや地元特有の情報を持っていることも多くあります
大手不動産会社が営業力で集客をするのに対し地元密着型は人脈の深い繋がりを活かし信頼関係を土台とした紹介が得られやすいのがポイントです。
査定の依頼に関してはどちらにもアプローチをすることが大事ですがどのような形で家を売りたいかによって不動産会社を選ぶポイントも変わってきます。


不動産会社の選び方

ポータルサイトポータルサイトである程度の査定額と不動産業者が絞られてきたらそこから具体的な査定の依頼へと進んでいきます。
気をつけることとはポータルサイトの情報だけで決めつけないこととよく聞く有名な不動産会社というブランド名だけで判断しないことです。
ポータルサイトで複数の不動産会社が出てきたらその不動産会社がどのようなタイプで売りたい家とタイプがあっているかをよく調べる必要があります。
例えば一戸建てに強い不動産会社もあればマンションに強い不動産会社もあります。ただ査定額が高く評価されただけで不動産会社を決めるのはあまりいい選択ではありません。自分の家のタイプと不動産会社が得意としているタイプなどを把握することも大事な要素となります。

この辺りまである程度絞り込むことができればさらに具体的な査定へと進んでいきます。ここではまだ一つに絞るということはしません。
またほとんどの不動産会社では無料査定を打ち出しているのである程度絞った段階で複数の不動産会社に査定の依頼を送るようにします。これは複数の不動産会社に一斉に査定の依頼をすることをオススメします。同時に送ることでわかることがあるからです。
それがスピードです。依頼に対して早く対応する不動産会社は仕事に対する取り組みも早いと考えられます。次に情報量です。それも短い時間で多くの情報を提供できるということはそれなりの実績や経験が必要となってきます。最初の段階での判断としてはスピードと情報量がある程度見える不動産会社をマークするのもいいでしょう。


賢く家を売る方法

家を売買するということは人生においてそう何回も経験することではありません。また家を売るというのもいろいろな理由は考えられますが、やはり売るからには少しでも高く売れることを考えます。そのためにはまずある程度の知識と情報は必要となります。近年はインターネットが一般化しホームページやブログを出している不動産会社も多くあります。

相場数ある不動産業者にもいくつかのタイプがあり、まずはその分類を理解しておく必要はあるでしょう。
土地区画の分譲や一戸建て住宅の分譲、小規模開発などを行なっている分譲業者、新築の売れ残りや中古物件、中古物件の土地や競売物件などの買取りを行う買取再販業者、売買物件、賃貸物件、投資物件、店舗、事務所など媒介を行う媒介業者などがあります。
また不動産業者にも得意分野があり、一戸建てやマンション、中古物件などそれぞれのメリットを引き出すのが上手い業者がありますので、まずはその辺りの情報収集が必要になります。

この辺りは基礎知識として大体の理解をしておくだけで十分です。次のポイントは相場を把握することです。これも今はインターネット調べることが可能なので最大限に活用するべきです。
不動産会社が直接出しているホームページを見ると大体がスピード査定のような箇所が設定されています。その査定を一件一件調べて行くこともできますが、ポータルサイトのように買取の査定を物件のタイプ、住所などを入れるだけでそのエリヤでの相場と不動産業者がまとめて知ることができる一括査定をしてくれるサイトなどもあります
このようなポータルサイトである程度の情報を把握した上で最終的には不動産業者を3軒から5軒程度に絞っていきます。情報が多すぎても混乱を招きますし、少なすぎると比較対象できるものがないので判断がしづらくなります。